ken-un

8月 20

“北品川駅が品川駅の南にあることは関係者の中でも極秘事項とされている” — 京浜急行電鉄 - アンサイクロペディア (via mnky)

(46187から)

“「どうして靴下は必ず片方ずつ無くなるんだろう」と長年考えていましたが
ついさっき「両方いっぺんになくなっても気づかないだけではないか」という考えに至りました” —

どうして靴下は必ず片方ずつ無くなるんだろう 続・妄想的日常 (via fujiou)

(via yoosee)

(hepton-rkから)

[video]

zenigata:

1408508263005.jpg

zenigata:

1408508263005.jpg

(akanekusareから)

wfsp:

かわいいかわいい俺のすずたに

wfsp:

かわいいかわいい俺のすずたに

(aki373から)

(元記事: 4gifs (trepangerから))

zenigata:


キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! img 二次元裏@ふたば

zenigata:

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! img 二次元裏@ふたば

(aki373から)

kininaruarekore:

「1p漫画6」/「アベ」のイラスト [pixiv]

kininaruarekore:

「1p漫画6」/「アベ」のイラスト [pixiv]

(aki373から)

“この本を読むとスイーツというか的場浩司さんのファンになります(笑)。この方は筋金入りのスイーツ好きです。なんと小学校の頃から自分でお菓子を作っていたそうです。そうして今まで数多のスイーツを食べ続け、芸能人として成功している現在、「いつかお菓子の店を開きたい」との野望までお持ちなのです。すげえ、あんたすげえよ兄貴。” — Amazon: 的場スイーツ ~本気の113品~: 的場 浩司 (via 46187)

(hepton-rkから)

男性の看護師の存在は決して珍しくはなくなったものの、全看護師に占める割合は、わずか6.2%(2012年度調査)

 ちなみに、「少なすぎる!」と常にやり玉に挙げられる、女性管理職の割合は6.8%なので、それよりも少ない数字だ

” — 「私は“オネエ”じゃないの!」 黒一点の彼らが抱える「男性問題」の深淵:日経ビジネスオンライン (via 46187)

(46187から)

boronology:

「【C86新刊】シャル ウィ デストロイ!!?【サンプル】」/「ととねみぎ@2日目シ02b」の漫画 [pixiv]

boronology:

「【C86新刊】シャル ウィ デストロイ!!?【サンプル】」/「ととねみぎ@2日目シ02b」の漫画 [pixiv]

(aki373から)

 実は、この話を聞いたときに、私は複雑な気持ちになった。というのも、ICUに男性の看護師が多かったことに対して、患者の家族である私も、「男性でよかった~」などと、すごく安心したからだ。

 大きな身体の父を2人の男性看護師が軽々と持ち上げ、ちょっとでも父が苦しがるとキビキビと動き、その都度、分かりやすい状況を家族に説明する。そのことに安心した。

 でも、女性の看護師さんだって、大きな身体の父をちゃんと持ち上げてくれただろうし、ちょっとでも異変があればキビキビと動いてくれただろうし、その都度、家族に分かりやすく説明だってしてくれたはず。

 なのに、「男性だ」というだけで、なぜか安心した。

 単なるイメージ。「男だから体力がある」「男だから機械に強い」「男だから緊急時にテキパキと動ける」─―。そんなただの「男性」に対するイメージが、「男性の看護師でよかった」なんて感情につながったのだ。



page: 4

 もし私が、「ICUの看護師さんが男性っていいですね。ものすごく安心しました」なんてことを、彼らに言っていたら……。感謝の言葉が、“刃”となった可能性がある。

” — 「私は“オネエ”じゃないの!」 黒一点の彼らが抱える「男性問題」の深淵:日経ビジネスオンライン (via 46187)

(46187から)

 「メークってオネエが多いって、思われてるでしょ? でもね、実際には私のようにふりをしている人もかなりいるの。私も最初は、オネエのふりなんかしてなかった。でも、女性が多い職場だから、男に対して排他的な雰囲気があってね。『男のくせにメークなんて』とか、『メークになる男性は、女性っぽい』というイメージが、同業者にも世間にもあった」

 「タレントさんによっては、メークが男だと嫌がる人もいる。だから、いつの間にかオネエを演じるようになった。最初は、『オレ、何やってんだろ?』って、思うこともあったんだけど、オネエのふりした方が仕事がしやすかったの。オネエを演じている方が気を遣わなくていいことが増えたし、“男”で働いているときに感じたストレスが明らかに減ったの」

 「でもね、それが結構いやになることもあってね。オネエのふりしているのが嫌になって、いい腕をしているのに辞めちゃう人も多い。ウツになっちゃう人だっているしね。なんていうか、自分が何者か分からなくなるのよね。職業に性別は関係ないのにね。変な話よね」

” — 「私は“オネエ”じゃないの!」 黒一点の彼らが抱える「男性問題」の深淵:日経ビジネスオンライン (via 46187)

(46187から)

“昔イタリアの田舎町を歩いてたら石畳に椅子並べて日向ぼっこしてる三人爺がおり、枯れきった佇まいがよくて風景撮影のつもりでそっとカメラ向けたら、「タンクトップの若い東洋娘が!」「俺たちを!」「見ておる!」と急にギラリと男の顔になり「ほら、もっと撮れよ……」と皆でキメポーズ取りだした。” — Twitter / okadaic (via gearmann)

(aki373から)

“戦争に行ったことのある軍人にはハト派が多くて、災厄の引き金を引くのはたいていチキンホークなんだ、というのは道徳の教科書とかで教えてほしいなと思う。今武装とか、対立とか唱えてる人で、だいたいが戦争に行った人なんていないのだし” — Twitter / medtoolz (via raurublock)

(aki373から)